« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ちょっと楽しいんですけど☆

来月、萌音は初舞台。ってな感じで初めて人前でVnを披露します。
ちょっとドキドキ。
何度もやめよっかなぁ〜って思いながらも、やっぱりやりましょう!って感じデス。
ま、taco嬢もいることですし、まさに看護婦☆ROCKですよ。

今日はレッスンで、ハ長調をニ長調に書き換えて、指チェック。
うっち〜先生、めっちゃ気合いが入ってます。
っていうか、ノリノリ☆
「当日は何を着るんですか?」って。
そこまでは考えてないですけども。
「瑛太みたいに真っ赤な指先のない手袋でトナカイの衣装で弾くのはどう?」って。
もう、うっち〜先生がこんなにノリノリなのには驚いた。
正直、「時期尚早」って一括されるかと思っての今回の企画。
一緒にいろいろ楽譜を見ながら、指やボーイングなどもいろいろアレンジしてくれます。
萌音もめっちゃ楽しいです。
で、「わけのわからん民謡よりも知ってる曲の方が楽しいですね」って言っちゃいました。
ちなみに、本当にうっち〜先生はノーギャラでVnを弾きにきてくれるらしい。
来年ね。

今日は「ジングルベル」「きよしこの夜」のアレンジをして、
一緒に弾きながら、ボーイングも決定。
いつものレッスンだとうっち〜先生のVnは聴けないですが、今回のこの企画では何度も聴ける。
ちょっとうれしい♪
あたしが弾くとショボイ「ジングルベル」がめっちゃ素敵に変身☆
うっとりします。
萌音と一緒にVnを合わせてくれるのが楽しいの!
萌音も来週までには或る程度、曲を完成させないとね。
あ〜、1の指にくっつく2番のソを初めてやりました。
めっちゃ難しい〜

| | コメント (4)

アジャスタ

アジャスタ

調弦しやすいようにうっちー先生がアジャスタを付けてくれました。
今まで萌音はE線のみアジャスタでG線D線A線はペグでしてました。
なかなかペグでは微調整はしにくいのです。
うっちー先生が『アジャスタをつける調弦しやすいですよ』って。


おぉ〜!ホントだ!
でも、子供用の1番小さいのみたい…。
ちと、ブサイク。

なぜ、まだ超初心者のVn弾き、萌音が調弦なんて?

今度、ある場所にてtaco嬢とピアノとヴァイオリンのデュオするんです。

衣装は白衣の…『看護婦★ROCK(仮)』

としたいんですがtaco嬢は妊婦なので…
とりあえず、がんばります。

| | コメント (4)

調子にのりまくってます、萌音です。

最近、「ボーイングがキレイになってきましたね」とうっち〜先生のうれしい一言に調子に乗ってます、萌音です。
自分でも、室屋くんが言ってた「ボーイングは大切ですよ」ってことば、
すっごく実感するようになりました。
本当に音がキレイになるんだもんねぇ。
凄くスゴイ。

さて、今日も『雨だれ』ですが、やっぱり重音がねぇ。。。
たった、4小節なのに。。。
それまでは自分で言うのもなんですが、いい感じなんです。
で、その4小節になると、うっち〜先生曰く
「顔もいや〜な顔して、テンポも落ちるし、ボーイングも手首が。。。」
もう、お手上げ状態。
でも、やっぱりうっち〜先生はスゴイですよ。
なぜ、萌音の重音が汚いのかを探り当てました!!!

弦を押す指の角度とネックを掴む腕が横向き!
先日葉加瀬太郎ん時に古澤さんの左手が結構前からネックを掴んでるようにみえました。
そうすると、自然と弦を押さえる指の角度もいい感じになるではないですか。
おぉ!!!うっち〜先生、またびっくりです。

ほぉ〜ら、それを注意するとうっち〜先生も
にんまりと
「綺麗な重音になる確率があがってきましたね。」(←確率って結構ひどい!)
とりあえず、最後の開放弦でのA線、E線のフェルマータの音色がキレイだから
またもやお情けの◎
これで、重要課題曲も3曲になりましたが、自分でも「ミツバチ」「別れ」はうまくなりましたよ。

次回からの課題曲は「子どもと子ぶた」
イギリスの民謡なんですが、これがなかなか綺麗な曲です。
萌音が苦手な重音もばりばり出てきますよ。
うっち〜先生は「指のアーチは殆どないから、『雨だれ』よりも引きやすいかも」って
はぁ〜、ちょっとがんばろうっと♪

| | コメント (2)

まだまだ『雨だれ』

先週から引き続き、『雨だれ』です。
ボーイングはうっち〜先生も「キレイです」って言ってくれます。
えへへへ。うれし〜♪
先週の腋を閉めるを意識して、手首のアップダウンも意識してますから。
室屋くんがおっしゃってた「ボーイングは大切」っていう意味がわかります。
音にすぐに表れるもん。

でも、今、萌音の問題は左手。
A線、E線の重音の4小節に泣かせれてます。
先週よりも重音が出るようになりましたが、やっぱりA線とE線が左指が触れてしまう。
う〜ん、なんで?
最近意識しなくなった左の肘を入れるってこと。
左の肘を入れるのが浅いから、手首も指も寝てしまうらしい。
意識すると、音もそれなりに。。。
でも、いい音が。う〜ん。
うっち〜先生も微妙な顔します。
まだまだなんだなぁ。

| | コメント (4)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »