« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

お写真を頂きました。

先日、患者様からクリスマス会のお写真を頂きました。
いや〜、いっつもありがとさんです。
もちろん、看護婦★ROCKの演奏シーンもございまして。。。
掲載は絶対にしません。
なんせ、やっぱり仕事上の問題がございますから。すいません。

でもね、自分でも言うのもなんですが、かっこいい!
めっちゃ上手にVnが弾けるって感じの姿勢ですよ、あれは。
実際はそうでもないんですけども(爆笑)
今回衣装も準備したのですが、時間の関係上、お着替えできず。。。
真澄ちゃんサンタしたかったのになぁ(ぷぅ)
きったないTシャツにGぱんにニット帽。
到底Vnを弾くようなスタイルではございません。

今度のレッスンの時にうっち〜先生だけみせよ〜っと♪

またまた患者様から
「クリスマスには弾いてくれないの?」って。
「VnってイメージではなくってGってイメージ」って。
「あたしもVnやってみようかな」って。
まだまだ反響が大きいのにびっくり。

萌音の中もまだあの心地よい感じが残ってます。
音楽に携わるヒトっていっつもあんな最高な気持ちになってるのかな?

| | コメント (2)

はぁ〜、しんど。

無事に初の「看護婦☆ROCK」の発表会、済みました。
う〜ん、ま、初めてなもんで。
自分の演奏には不満だぁ〜★

やっぱり、移弦もイマイチだったし、音もまちがっちゃった。
やっぱり、taco嬢のピアノ伴奏があったので、
全然、あたし、間違えてないよ?!って顔で演奏し終えました。
緊張した〜!って言うほど、緊張しませんでした。

ってか、緊張する間がなかったの。
調弦をしようとしたら、あれ?!チューナーのコードは?
で、裏でガタガタとチューナーのコードを探してたら、taco嬢が走って来てくれました。
(お腹も張らしながら)
で、調弦するや否や、即演奏でした。

でも、演奏終了後、いろんな方々から「すごいですね」とか「上手だったよ」とか
「素敵な演奏ありがとうございました」などなどのお言葉をいただきました。
すいません、お耳汚しな音で。。。
また、taco嬢との看護婦☆ROCKやる時までにはもうちょっと弾きこなせるようにがんばりまっす。
はぁ〜、楽しかった♪
でも、しんどかった〜

| | コメント (7)

いよいよですが。

昨日taco嬢と初合わせ。
それまではお互いコソ練してました。
昨日はなんとうっち〜先生に看護婦☆ROCKの初DUOを聴いていただきました。
お互い、コソ練はしてたものの、よく考えれば2回目で、最後の練習だったワケです。
今回はうっち〜先生のご好意でDUOをみてもらったんですよ。
初対面なうっち〜先生とtaco嬢。
taco嬢:「いつもお世話になってます」
うっち〜先生:「いえいえ。」
まるで、三者面談されてる?って感じっす。

ま、早速二人の状況をチェック。
今日はレッスンルームの空きがあったので、うっち〜先生に聴いていただく前に合わせてみましたよ。
いや〜、taco嬢の伴奏は完璧☆
萌音は。。。(いひ)って何度もごまかしました。

でもね、そんなtaco嬢のピアノにもアドバイスが入るの。
アドバイスを活かすとこれがまたまたのっぺりしてた曲がなんか手が込んだ曲に、
下手っぴなmoneのVnがすごく素敵に聴こえる。。。魔法だ!

そんな素敵伴奏taco嬢になんとか食らいついて行く萌音。
何度も千秋先輩に怒られるのだめのような状況に陥りました。
千秋先輩:「2小節目で間違えるな!」
のだめ:「ぎゃぼっ!」ってヤツです。。。
萌音は2個目の♪でまちがったんですが。

そして、いよいよ二人にうっち〜先生からのアドバイスが。。。
うっち〜先生が「【1、2、3、ハイ!】で入るの?」って。
最初は『1、2、3、ハイ』で合わせてたの。
で、うっち〜先生のアドバイスで、『前奏』からスタートすると言う画期的演出に変更。

萌音はねぇ〜
「ONE、TWO、ONE、TWO、THREE、FOUR!」って
英語にしたらって意味だと思ってたのよ(自爆)
taco嬢はうっち〜先生のアドバイスで「前奏」入れるってすぐわかったらしいけど。
ま、なんとか30分でいい感じになりました。

明日は萌音が真澄ちゃん(アフロにパッチン止め、サンタの衣装装着)に化けて、
「千秋様のVnだわ、ちょっと弾いてみましょ!」って感じでしようかな〜って

。。。うっち〜先生にはバカ受けでした。
勿論、髭つきですよ。
taco嬢とやっぱり葉カロ瀬の方が知名度が。。。
いや〜、髭書きたい。。。

そんなこんなでございます。
明日は。。。どうなる?!

| | コメント (0)

よくがんばってますね

今日はまたまた『ジングルベル』と『きよしこの夜』

微調整と最終のチェック。
移弦の時に音が若干濁るので、あとはしっかりと右手の角度を注意してのボーイング。
弓をいっぱいいっぱい使わずに中弓から先弓を使うボーイング。
E線の2番のポジションをうっかりと取らずに。

とりあえず、1つ1つの音を大切に響かせることができるように精進しますよ。

で、今日はうっち〜先生が
『本当にがんばりましたね』

って。。。

今のこの2曲は今、萌音がやってるVn教則本の2巻のレベルらしい。
今のレベルでここまでやれるのは凄い努力だとお褒めいただきました。

でた!うっち〜先生の褒め殺し。
萌音は褒められると調子にのりまくりですよ?

やっぱり褒められると伸びるタイプな萌音でした。

| | コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »